ホーム > 新着情報 > 先進地の視察

新着情報

イベント 2018.04.26 先進地の視察

 浜松市環境にやさしい農業推進協議会の先進地視察として、2月20日(火)に駿東郡小山町にある高糖度トマト(商品名:アメーラ)を生産する「株式会社サンファーム富士小山」を視察いたしました。
 視察には、推進協議会会員21名のうちの12名、随行として事務局1名の計13名が参加いたしました。
 (株)サンファーム富士小山では、視察に当たっての施設との調整役である静岡県農芸振興課職員の出迎えを受けた後、代表取締役及び総合研究所所長との挨拶並びに名刺交換を行いました。
 続いて、代表取締役から、資料及びパワーポイントを使用しての説明を受け、質疑等の後、温室及び付属施設等の状況を視察いたしました。

【(株)サンファーム富士小山の概要】
 ・ 農林水産省の「次世代施設園芸導入加速化支援事業」による補助を受け、次世代施設園芸推進コンソーシアム(資本連合)の静岡県拠点として平成28年に完成した施設で、ハウス暖房の関連企業や静岡県立大学等による推進組織を設立し、運営を進めている。
 ・ 農地(総栽培面積)4haを持ち、高糖度トマトの生産では県内最大規模を誇る。
 ・ 1haの生産施設(低コスト耐候性ハウス:20a×5棟=100a=1ha)を1社の農業生産法人が管理し、合せて4社の農業生産法人で運営している。

お気軽にお問い合わせください。TEL.053-457-2332
[事務局] 浜松市役所産業部農業振興課

浜松市

ページトップへ